銀行カードローンなら、高額融資でおまとめローンも

銀行の行う保証人や担保が不必要とされるカードローンを銀行系キャッシング、銀行カードローンなどと呼んでいるそうです。このローンは、消費者金融と違う部分がいくつかあるのですが、最も大きな違いは、年収に対する制限がない部分で、審査に通過すれば、高額の融資も受けることができるというものだと言われているそうです。


<銀行カードローンで借金完済を目指す>

銀行カードローンでは年収に対して、上限を設けられていません。消費者金融の総量規制もおまとめローンは対象外とされていますが、お金を実際に借りずに借り換えを行うという点から、お金を借りたという自覚がない、というデメリットをあげる人もいます。銀行カードローンの場合は、実際にお金を借りて、各借金を自分で一括返済まで行うことが多いと言われるそうです。そのため、ちゃんとお金を借りた、返済しなくてはという緊張感があるという意見があると言われるそうです。


<返済プランもさまざま>

毎月の返済額も、おまとめローンで利用していても様々なのだそうです。消費者金融と同じように、同じ金額を少しずつ返済するリボルビング返済式が多く利用されていますから、返済計画は自分の収入などにあわせて自分で考えることもできます。また銀行のほうが、利息を安く設定できるケースも多いそうですから、高い金額を借りるときには返済の負担が少ないこともあるそうです。