銀行カードローンとキャッシングの違い

お金を借りる方法としては利用しやすいものの中に銀行カードローンとキャッシングがあります。これらはどちらも金額が大きくない代わりに契約や審査の容易さが特徴です。この二つは違った特徴もあり、収入や支払いできる余裕に応じて選択することが重要です。


<二つの違いは>

銀行カードローンとキャッシングはどちらもお金を借りる手段ですが、その支払い方法は違いがあります。銀行カードローンはリボルビング払いという返済方法です。これは分割で一定額を毎月払っていく方法です。そのため支払いしやすく計画的に払えます。キャッシングは一括払いが主流です。これは利用した翌月にまとめて支払う方法です。


<どちらを選ぶべきか>

どちらにするかは支払い能力に応じて選ぶと良いでしょう。利息が同じなら短期間で返済したほうが利子は少額になります。銀行カードローンは便利な一方で支払いが長期化します。リボルビング払いの特徴として、返済しながらでもまだ借りることができるので借りすぎにもなってしまいがちです。そのため、翌月に返済できる程度ならキャッシングでも十分でしょう。金額が大きく短期間ではとても払えないという場合は、カードローンで時間をかけて払うと良いでしょう。