銀行カードローン 無担保の仕組みとは

銀行のカードローンには難しい審査のものから簡単な審査のものまで様々な種類があります。高額融資を簡単に受けたいとお考えの方は消費者金融を選びがちですが、実は銀行カードローンでも消費者金融並に簡単に契約を済ませる事が出来るところがあるのです。

今回はそんな銀行カードローンで簡単に作る事が出来る無担保についてご紹介致します。


<銀行カードローンの基準とは>

銀行カードローンの審査の基準は、消費者金融と比べると多少なりとも厳しいものがあります。それは総量規制という制度で世の中の消費者金融はその契約者の年収3分の1の金額までしか融資をすることが出来ないのですが、銀行はその制度の対象にならないからです。
その制度に当てはまらない銀行であるからこそ高額の融資を必要としている方々が殺到します。中にはご自身の収入に合わない借り入れを申し込む方もいらっしゃいます。そのような中で審査を緩くして適当に融資をしてしまっては、破産してしまう人を増やすだけになってしまいます。そこで銀行は審査の内容の中で特に信用情報を優先し契約をするかどうか決めるようにしています。信用情報は個人個人の金融履歴で、今までの借り入れ経験が全てまとまっているデータです。


<無担保ローンについて>

消費者金融と銀行は融資の仕方にも違いがあります。消費者金融は基本的に無担保で金利が高めですが、銀行は有担保で低金利というものが一般的です。しかし最近は銀行でも無担保で金利が低めの銀行カードローンが出てきている為あまり分ける壁がありません。

銀行の無担保ローンは多目的ローンという名前になっている場合が多く、家や車など大きな目的がなくても借り入れをすることが出来るローンです。他のローンと同じように金利と返済方法が決まっており、基本的には一定の金額を借入総額から計算し月々返済していきます。ボーナスでの対応をすることも可能なので返済期間を短くすることも可能です。
審査期間は短くて最短8営業日以内、長くて一ヶ月程とかかりますが、無担保で高額の融資を受けたいという方にはとてもおすすめの金融商品です。

銀行カードローンも消費者金融もお互いに良いところがあるのですが、自分にとってその良いところが全て良いところとして効力を発揮してくれるかと言ったらそうとは限りません。色々な銀行や消費者金融のサイトを見てそれぞれが売り文句を掲げていますが、それだけを鵜呑みにせずにきちんと自分に合った金融機関で借り入れをしましょう。