実際に銀行カードローンを申し込んでみた

銀行カードローンのことを知らない人間が紹介などできないということで、実際に銀行カードローンに申し込んでみました。


まずは流れを確認

銀行カードローンの申し込みの流れを確認してみるところからスタート!
各行によって手順は多少異なりますので、実際に申し込まれる際にはきちんと公式ページで情報を確認してくださいね!

●手順1:その銀行の口座を持っているか確認しよう*口座がなくても申し込みは出来ます*
銀行カードローンの場合は、そこの口座を持っていればそこに振り込んでくれて、即日融資もOKになります。その際には口座番号や支店名の記入なども必要になりますので、ちゃんとどこにあるか確認しておきましょう。●手順2:申込書に記入。入力システムによっては記入漏れがあれば教えてくれるところも多いですが、場合によっては入力漏れやミスがあった場合にも教えてくれないところもありますのでご注意ください。
また、内容に嘘は記載しないように。
相手は嘘を見抜くこととその裏付け調査を生業としている人たちですから素人が騙しおおせるワケがありません。
審査が不利になるだけで何の一利もありません。

●手順3:待機!

結果が来るまで大人しく静かに待ちましょう。

●手順4:受け入れる。

審査結果が出て落ちたとしても怒ったり問い詰めたりはしないようにしましょう。

●手順5:(審査に通ったら)融資額や契約内容の確認をきちんとする。
よく借りられたらそれで良いやと、審査に通ったあとの契約内容を確認しないでいる人も多いので注意です。

以上、大まかに5個です。


いざ!銀行カードローンへ

管理人は、ここで紹介している4つの銀行カードローンをすでに利用したことがあるので、今回は管理人の職場のバイトの男の子に頼んで申し込んでもらいました。
彼のスペックは以下の通り。
boy07
20代半ば。
肩書はアルバイト。
現在の職場での在籍年数は1年とちょっと。
年収は150万といったところ。
一人暮らし3年目

こういっては何ですが割とリアルな、本当にお金にこまっていそうなスペックで何だかありがたい限りです。

まずは彼がUFJの口座を持っているということなのでUFJに決定しました。
そして申込書に入力をしていってもらいました。
個人情報満載なので管理人はここで席を外し、記入漏れがないことだけを重々に確認してもらって送信。
希望額は20万円に設定し、収入証明はバイト代の給与明細を3か月分ほど用意しました。
時間帯はお昼の1時頃に申し込み完了しました。

まず15分ほどで職場に電話がかかってきて予想通りの在籍確認。
denwa_business_woman
その後本人の携帯にも連絡があり「収入証明書を送って欲しい」とのこと。
正社員と違い会社の規模だけでだいたいの年収を察することが難しいので、フリーターの場合にはよく提出を求められるようです。
収入証明書はスキャナーで読み込みメールにて送信。何でもパソコンで片付く良い時代ですね。

それからさらに待つこと30分ほどで「審査に通った」という連絡が来ました(収入証明のくだりで以降の連絡は電話にくれと依頼済のため電話に)。「20万円を最初は月々5000円くらいから返して落ち着いたらもうちょっと返済額上げていきたい」という要望も難なくOK。
金利は14.6%とUFJの中では一番高い金利になってしまいましたが、この辺(20万円くらいの融資)はもうテーブルで14.6%と決まっているのかもしれませんね。
「もう1社検討しているところがあり、そっちにも申し込んでみてからお宅に借りるかどうか決めても良いか」と聞いてみると、多分こんなこと言う人あまりいないのか少し慌てた様子でしたが特に問題ありませんでした(今回はお試しで申し込んでみてもらっただけなので実際には借りていません)。

かかった時間:全部で50分程度。
管理人が借りた時より確かに審査速度は上がっているようです。そもそも管理人が借りた時代は即日審査すらなかった時代ですが。
銀行カードローンの審査基準が緩くなっているというのも、協力してくれたバイトの彼には悪いのですが「このスペックでも借りられるなんて、確かに緩くなっているな」という印象です。もしかしたら彼の信用情報がとんでもなく綺麗で高評価だったのかもしれませんので、一概には緩くなったと断定しきれませんが、それでもフリーターOKといって申し込ませるだけ申し込んで審査には落とすようなところではないことは証明されました!
また、もし現金を即日振込で借りたい場合は、下記のサイトに対応会社の一覧が記載されています。参考にしてみてください。