銀行カードローンの支払い義務は誰にある?

旦那さんに内緒で銀行のローンを利用している主婦や専業主婦の方が多くなっていますよね。
出来るだけ知られたくない、そう思う気持ちはわかりますが銀行カードローンを利用するのであれば上手にしてほしいものです。
例えば、カードローンを利用していてその返済が遅れ旦那または奥さんに知られてしまった時、どうすれば良いのでしょうか?
延滞してしまうと配偶者や自宅へ連絡が行くことがありますから、それが原因で利用を知られてしまう事もあります。
奥さんや旦那さんが勝手に銀行カードローンを利用していて支払いを滞らせている場合、夫婦だから二人で返済していくのでしょうか・・・いいえ、返済義務は借りた本人、連帯保証人または保証人にありますから、夫婦であっても協力して返済していく必要はございません。
返済できないのは自業自得ですから、少しずつ返済していくしかないでしょうね。


<銀行カードローンに限ったことではない>

これは消費者金融から借入しているときも同じことで、返済義務と言うのは借入をした本人と連帯保証人・保証人にのみ発生します。
ですから、業者側から返済するのが夫・妻の義務と言われることがあっても無視して良いのです。
以前までは取り立てなどを行なっていましたので、逆らう事が出来ずに支払ってしまった方もいるかもしれませんが、返済の義務はありませんので、何もしなくて大丈夫です。
銀行カードローンは低金利な場所が多くなっていますからついつい借り過ぎてしまう事もありますが、きちんと計画的に利用していくことが大事ですので、先の事をしっかり考えましょう。
ただ、自分のカードを勝手に使用されてしまった場合は契約している自分に支払い義務が生じるため、注意が必要になります。


<しっかり管理する>

勝手にカードを使用してキャッシングされてしまったら、返済義務は自分に生じることになってしまいます。
そうなってしまったら大変なことになってしまいますから、銀行カードローンのカードはしっかり自分で持ち歩くようにするなど、家族の手に届かない場所に管理することが大きなカギになってきます。
近年では勝手にカードを使われてしまった、というケースが多くなってきているらしいので充分気を付けるように。
一度そういったことを経験されている方はまた起こる可能性があるため、厳重に保管しておかれることをおすすめします。
磁気の強い場所に保管することを避け、傷つけたり紛失してしまう事が無いよう、管理はちゃんとしましょう!
もし、見当たらない場合はすぐに利用停止の連絡を金融機関に申し出る方が最悪の事態を防ぐことが出来ます。