銀行カードローンの審査ってどんなことをしますか?

皆さんも銀行のカードローン審査が消費者金融に比べて厳しいと聞いたことがあるのではないかと思いますが、なぜ厳しいと言われているのかご存知だと言う方はいらっしゃるのでしょうか?
実際に審査を受けた方の中には、消費者金融の審査と何ら変わりはなかったと感じている方も多いはず。
外見的には変わりがないのですが、実はチェックしている場所や重要視している項目が消費者金融とは異なっているのです。
消費者金融では安定した収入と年齢、借入件数などを重点的に確認していますが、銀行カードローンの場合は年収と勤続年数、そして過去のステータスを重視している傾向にあるのです。
返済遅延・延滞が2~3回であれば消費者金融の場合ですと問題なしの扱いになることが多いのですが、銀行カードローンの場合だと一度でも返済遅延や延滞があると審査では不利になってしまいます。
そのため、審査に時間がかかってしまったり落とされてしまう事があるのです。


<銀行カードローンの審査に通りたい!>

銀行のカードローン審査に通るには、年収が安定しており勤続年数を長くしておくことですね。
勤続年数が長い方はそれだけ収入も安定しているため、返済リスクも低いですので銀行カードローンの審査では有利になることが多いのです。
転職したばかりとか働き始めたばかりの新社会人の方ですとまだ勤続年数が浅いため、申し込みは少し待った方が無難です。
過去のステータスではいつどこから借入をして返済を行なったのか、その全てが確認されるため、あなたの利用状況が把握されます。
消費者金融を利用していた方はそのまま利用せず放置しておくと5年で情報が削除されますので、審査の際何も出て来なくなりますので色々考えてから審査に臨みましょう。
ただ、ブラックの反対であるホワイトの方は年齢により不利になってしまう事がありますから、そちらにもご注意を。


<総量規制対象外という魅力がある>

銀行は総量規制対象外となっておりますので、年収の3分の1までと借入が制限されていない部分が大きな魅力となっています。
だからといって、好きなだけ自由に融資を受けることが出来ると言うわけではないので、その点にはご注意下さい。
銀行カードローンは目的を果たすために融資してもらうのも良いですが、借り換えするにも向いていますので自分の目的に合わせて利用することが出来ます。
ただ、総量規制がありませんから自制心を持って利用しなければ、後々返済に困ってしまいますので計画的にご利用することが大切。
総量規制の対象外となっておりますので、おまとめするにも非常に向いていると言えます。