銀行カードローンって総量規制が本当にないの?

何かの事情を抱えて銀行に融資をお願いしようかと考えている方もいると思うのですが、総量規制が関係しているからやっぱり融資してもらう事は難しいのではないかと、諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、ご自分の年収の3分の1までしか借りられないと言うわけではございませんのでご安心下さい。
本当に総量規制が関係ないの?と思った方もいらっしゃるでしょうけれども、銀行カードローンはあくまでも融資と言う形をとっておりますので規制には引っかからないようになっているのです。
ですから、ご自分の年収に見合った金額を融資して利用することが可能となっております。
また、おまとめローンも規制の対象外となっておりますので、多重債務をしてしまっている方も銀行に申し込むことが出来るのです。


<銀行カードローンは専業主婦も申し込み可>

総量規制の対象外となっているため、専業主婦の方でも申し込めるようになっています。
専業主婦の方も生活費を補うためにお金を借りたい、欲しいものを購入したい、子供の教育費に充てたいという事情がありますよね。
規制がありませんので、配偶者の同意書と夫婦関係証明書を提出することで銀行カードローンに申し込むことが出来ます。
もし、お困りの方がいらっしゃいましたら、一度お電話などにて相談されてみることをお勧め致します。
ただ、気を付けていただきたいことは利用限度額が30万円に設定されている場所が多く、増額してもらえることは難しいという事。
30万円以上の借入をしたい方、または必要な方は他の銀行カードローンへ申し込みをなさる方法があるのですが、その分審査が厳しくなる傾向にありますので、あまり複数申し込みはなさらない方が良さそうです。


<総量規制に引っ掛かるのは?>

銀行は規制の対象外ですから、年収の3分の1以上でも融資してもらう事が可能です。
逆に規制の対象になっているのは、クレジットカード会社、消費者金融、事業者金融会社、信販業者などとなっています。
いくら銀行カードローンが規制の対象外であるからといって、希望借入金額を多額にしてしまいますと審査の際信用情報を確認されて不利になってしまう可能性もございますから、計画的に利用して申し込みなさることをお勧め致します。
また、仮審査を行うのですがあまりにも行い過ぎますと信用情報機関へ登録されてしまい、審査の際不利になってしまう事がありますので、銀行カードローンの仮審査にはお気を付け下さい。
何か気になることやご質問がある場合には、申し込みを考えている銀行へお問い合わせをしてみてはどうでしょう。