銀行カードローンって専業主婦でも利用できるの?

専業主婦は毎日家事をこなし家計を守っていますが、生活費が今月足りなくてどうしよう・・・という悩みはありませんか?
出来れば少しだけお金を借りることが出来たらいいのにと考えても、現実的に考えて厳しいと諦めている方も多いようです。
しかし、銀行カードローンでしたら専業主婦の方でも申し込みが出来るようになっているので、ぜひ覚えておいていただけましたら幸いです。
消費者金融が利用できない理由は、総量規制で年収3分の1までしか借入が出来ないと決められているからなのです。
つまり、収入の無い専業主婦は返済することが出来ませんので、消費者金融に申し込むことが出来ないようになっているのです。
一方、銀行カードローンはその規制の対象外になっていますし、配偶者の同意や所得証明書を提示することで申し込みが可能となっているんです。
配偶者の同意と言っても、多くの主婦たちが知られたくない、秘密にしたいと思っているようですので同意が無くても申し込める銀行も増えてきているようです。


<何のために銀行カードローンを利用する?>

何のために融資をしてもらっているのか一番多い目的理由は、やはり生活費の足しにしているという理由みたいです。
毎月うまくやりくりするために銀行カードローンを利用している方が多い中、次に目立ったのが資格取得の費用に充てるためというものでした。
今までは専業主婦として過ごしてきたけれど今の生活ではやりくりしていくことが難しい、再就職をしたいと言う理由から銀行カードローンを申し込み勉強している主婦も多いのだとか。
確かに資格を取得するにはそれなりにお金がかかってしまうものですから、こういった利用の仕方も良いですね。
他には自分の趣味や欲しいものに使うという方もいましたが、そう言った理由でしたらパートなどをして稼いだ方が良いかもしれません。


<限度額はどのくらいですか?>

申し込みをして審査に通れたらいよいよ借入が出来るようになりますが、どのくらいまで融資してもらえるのか気になるものです。
銀行カードローンの限度額は、専業主婦の場合最高でも30万円までとなっているところが多くなっており、これ以上増やすことは出来ないと言われているのです。
返済能力が低いという事でその金額に設定されているとの事ですから、納得するしかなさそうです。
限度額を増やしたいからと言う理由で、何か所も銀行に申し込む方がいますが、避けた方が良いですね。
銀行カードローンは年収に見合った分だけしか利用出来ませんので、計画的に利用していきましょう。